色々あって大移動toAWS

いや、色々あるっていうか、俺の思いつきなんですが、移転しちゃってます。
エレガントなwordpressの移転とか、phpmyadminが動かないとか、色々知識覚えてみてます。

移転先はAWS。CentOSに色々ぶち込んで、以前同様の環境を準備中。
BSDからLinuxなのですが、ここ触ってるせいか、特に問題なし。
とりあえず、こっちに移転させた記念で記事を投稿してみてます。

いやー、無料期間の小さなインスタンス一つで大体事足りますな。

[14/03/18 追記]
AWSにCentOSのインスタンスを設置して、
インスタンスに対してwebサーバのセットアップ(apache、php、mysql)をしたので、
そのログを書いておきます。

1. rootで作業しなくてもいいようにアカウントを作る

adduser [account]
passwd [account]

2. rootと同じpemファイルでログインできるようにする

cp -r ~/.ssh /home/[account]/
chown -R [account]:[account] /home/[account]

3. sudoが使えるようにする

usermod -G wheel [account]

4. visudoで以下の行のコメントアウト外す

%wheel ALL=(ALL) ALL
%wheel ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL

これで
・作ったアカウントでSSHログインが可能
・作ったアカウントはsudoコマンドが利用可能
が出来るようになります。

5. 各種ソフトウェアのアップデート

sudo yum -y update

6. apacheとphpのインスコ

sudo yum install httpd php php-mysql php-mbstring
sudo chkconfig httpd on

※/etc/httpd/conf/httpd.conf はご自由に設定したって下さい。
※SElinuxのせいでchkconfigでonにしても動かない場合はこれで(apacheをユーザー権限で動かす時とか)

chcon -R -t httpd_sys_content_t [DocumentRoot]

( http://easyramble.com/setup-virtualhost-with-selinux.html を参考にさせてもらいました)

7. mysqlのインスコ

sudo yum -y install mysql-server
sudo chkconfig mysqld on

※mysql_secure_installation コマンドでrootパスワードを設定しておくのがオススメ。

/etc/my.cnf でインスタンスのスペック相応のチューニングを。

max_connections = 11
innodb_buffer_pool_size = 128MB

/etc/init.d/mysqld start で起動後、mysqlのrootにログイン、以下のコマンドでユーザーを作成

GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO [account]@localhost IDENTIFIED BY '[password]' WITH GRANT OPTION;
FLUSH PRIVILEGES;

8. 出来上がり。

OSインストールの時間は無いので、30分程度の作業でこれらが終わると考えたら、
昔は酷く時間がかかったなーと。

以下は後日書いて行きます。
・wordpressの移転(サブドメインのドキュメントルートへ移動)
・phpMyAdminの設置

0
カテゴリー未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です