Mac OSX Yosemite に caffe をインストール

引き続きDeepDream環境を作ってます。

  1. caffeを使えるように環境を用意
    brew install --fresh -vd snappy leveldb gflags glog szip lmdb
    brew install hdf5 opencv
    brew install --build-from-sourcwith-python --fresh -vd protobuf
    brew install --build-from-source --fresh -vd boost boost-python
  2. brew tap homebrew/science
    brew install homebrew/science/openblas
    最後の行が叩かれ終わったら、どこのディレクトリにインストールされたかをメモっておくこと
    私の場合はここ /usr/local/Cellar/openblas/0.2.14_1

  3. CUDA7.0のインストール
    https://developer.nvidia.com/cuda-downloadsからdmgファイルをダウンロード→インストール。
    その後環境変数を追加@私の場合は~/.bashrcに以下を追記

    export PATH=/usr/local/cuda/bin:$PATH
    export DYLD_LIBRARY_PATH=/usr/local/cuda/lib:$DYLD_LIBRARY_PATH
    export C_INCLUDE_PATH="/Developer/GPU Computing/C/common/inc"
    export CPLUS_INCLUDE_PATH="/Developer/GPU Computing/C/common/inc"
  4. caffeをgitで持ってくて、サンプルファイルを元にMakefile.configを設置
    mkdir ~/git
    cd ~/git
    git clone https://github.com/BVLC/caffe.git
    cd caffe
    cp Makefile.config.sample Makefile.config
  5. Makefile.config を環境に合わせて変更(以下は変更後の内容、PYTHON_INCLUDEとLIBRARY_DIRSは最後に追記)
    CUSTOM_CXX := /usr/bin/clang++
    CXXFLAGS := -stdlib=libc++
    CUDA_DIR := /Developer/NVIDIA/CUDA-7.0
    BLAS := open
    BLAS_INCLUDE := /usr/local/Cellar/openblas/0.2.14_1/include
    BLAS_LIB := /usr/local/Cellar/openblas/0.2.14_1/lib
    PYTHON_INCLUDE := /usr/include/python2.7 \
                    /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include \
                    /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/Developer/SDKs/MacOSX10.10.sdk/System/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/Extras/lib/python/numpy/core/include/
    LIBRARY_DIRS := $(PYTHON_LIB) /usr/local/lib /usr/lib /Developer/NVIDIA/CUDA-7.0/lib
    
  6. caffeのビルド
    make clean
    make all -j4
    make test -j4
    make runtest
    ※-jオプションはスペックに合わせてくださいね
  7. PyCaffeのビルド
    必要なライブラリをpipで強制インストール(パスワード要求あります)
    cd python
    for li in $(cat requirements.txt); do sudo pip install $li; done
    ビルド
    cd ../
    make pycaffe
    make distribute
  8. 環境変数にpythonのpathを追加(以下はサンプル)
    echo "export PYTHONPATH=$PYTHONPATH:~/git/caffe/python" >> ~/.bashrc
  9. 最後の動作確認
    コマンドラインでpythonを呼び出した後、
    import caffe
    と入力して何事もなくそのままプロンプトが帰ってきたら、正常動作、インスコ成功!
    問題がある時は、たとえばこんなエラーが出たりする(原因は環境変数にpathを追加してなかった)

    >>> import caffe
    Traceback (most recent call last):
      File "<stdin>", line 1, in <module>
    ImportError: No module named caffe
    

これでcaffeのインストール完了。

今まさにcaffeのリファレンスを読んでますが、俺の知識じゃこれ厳しいぞ!?

0
カテゴリー未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です