EC-Cube(v2)のSmartyでできること色々

個人的なメモ。時間見つけて追加していく所存。

時間によってSmartyの出力結果を変更する方法

<!--{assign var="date" value=$smarty.now|date_format:"%Y%m%d%H%M"}-->
<!--{if $date > 201609271000}-->
	2016/09/27 10:00を経過
<!--{else}-->
	2016/09/27 10:00を経過してない
<!--{/if}-->
0