VirtualminでPHP7を動かす。

既存のVirtualmin(@CentOS7.2 64bit)にPHP7を入れてみました。
今回、色々な理由から
「ソースからのコンパイルを避ける」
「設定はVirtualminから行える」
という二つの縛りでやってます。

手順は次の通り。

1. yum update で最新にしておく

2. 以下の順番でyum install && rpm -ivh

yum -y install http://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm
yum -y install php70-php-cli
rpm -ivh ftp://195.220.108.108/linux/remi/enterprise/7/remi/x86_64/php70-php-7.0.9-1.el7.remi.x86_64.rpm

最後の行をrpmで入れるのがミソです。これをやらないとlibphp7.soが入りません;;

3. お好みでphpのモジュールを追加
私はこんな感じ。とりあえず漏れはないはず。

yum install -y php70-php-mysqlnd php70-php-simplexml php70-php-devel php70-php-gd php70-php-json php70-php-mcrypt php70-php-mbstring php70-php-opcache php70-php-pear php70-php-pecl-apcu php70-php-pecl-geoip php70-php-pecl-imagick php70-php-pecl-json-post php70-php-pecl-memcache php70-php-pecl-xmldiff php70-php-pecl-zip php70-php-pspell php70-php-soap php70-php-tidy php70-php-xml php70-php-xmlrpc

4. VirtrualminのコンパネからRe-check Configuration
5. 同じくコンパネからアカウントごとにphpのバージョンを変更

これでfCGId/CGI Wrapper版のphpは7.0で動きます。

*mod_phpで動かしたい場合はこれが必要(でもこれをやると5.4は使えなくなるのかな)

mv /etc/httpd/conf.modules.d/10-php.conf /etc/httpd/conf.modules.d/10-php.conf.stop

この方法だとphp.iniが

/etc/opt/remi/php70/php.ini

に変更されるのでご注意。

Webmin->Other->PHP Configuration->左上の歯車から次の様に書き換えるとコンパネから変更できます。

/etc/opt/remi/php70/php.ini
/etc/php.ini
1+